Lightning Review 1.8について

概要

Lightning Review 1.8では、みなさまのご要望にお応えし、Lightning ReviewからOutlookメッセージを投稿する機能を搭載しました。また、レビュー記録のマージ機能の実現や、共有機能も強化しています。

Lightning Reviewをご利用中の方は、どなたでも無償でバージョンアップしてご利用いただけます。
バージョンアップ方法については[Lightning Reviewをバージョンアップする]をご参照ください。
※Lightning Review 1.8では「自動でバージョンアップする」を行うことができません。

本バージョン(1.8)へバージョンアップすると、ライセンス登録が解除されます。 そのため、再度ライセンスを登録する必要があります。 ライセンス登録の方法については[ライセンス登録]をご参照ください。

バージョンアップ前から拡張機能を使用している場合、起動時に読み込みに失敗するダイアログが表示されます。本バージョン(1.8)へのバージョンアップと合わせて、拡張機能を更新してください。
詳細な手順は[拡張機能を更新する]をご参照ください。

注意

本バージョン(1.8)で作成/保存したレビューファイルは、1.8より古いバージョンのLightning Reviewで開くことができません。
また、ピボットレポート設定ファイルは他バージョンと互換がありません。(例えば、1.8より古いバージョンで作成したファイルは本バージョンで開くことができません。)
ご注意ください。

新機能

Outlookの修正依頼・確認依頼メール、会議案内を作成する

Lightning Reviewから修正依頼・確認依頼メールや会議案内を作成できるようになりました。
Outlookに切り替える必要がなく、マウス操作だけで必要な情報(宛先、レビューファイルのパス、指摘のID など)も自動で入力します。
これにより、レビューに関係する作業も効率化できます。

詳細については[Outlook連携]をご参照ください。

例:Lightning Reviewが作成した修正確認依頼メール
360051364433_3.png


例:Lightning Reviewが作成した会議案内
360051364433_5.png

 

複数のレビューファイルを1つにマージ

担当者ごとにレビューファイルを作成したり、拠点が異なるなど、チームの体制や運用ルールにより複数のレビューファイルができてしまうことはよくあることです。
そんな時でも後から簡単にひとつに集約することができます。

詳細については[複数のレビューファイルをひとつにまとめる]をご参照ください。

360051364433_3.png

 

未入力フィールドのチェック

レビューの保存時に重要度や原因工程などの入力漏れを検出し通知します。
検出する対象はプロジェクトに合わせて自由に設定できます。

詳細については[未入力のフィールドをチェックする]をご参照ください。

1500000447381_3.gif

 

レビューの共有機能を強化

Lightning Reviewの共有モードでも以下を実現できるようになりました。

  • 追加したアウトラインも保存できます。
  • [レビュー設定]ダイアログの情報(メンバー、フィールドなど)を定義・変更できます。

これにより、複数名で同時にレビューをする場合もより快適にお使いいただけます。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています