指摘の属性を設定する

説明

登録した指摘に対して、進捗管理のためのステータスや、分析のための原因工程・検出工程といった属性を設定します。ここでは、指摘の属性として設定する項目と設定方法について説明します。

 

設定項目

指摘の属性として以下の項目を設定します。

No.  項目名 説明
1 ステータス 指摘のステータスを定義します。
2 原因工程 指摘事項(不具合等)が混入した工程を定義します。
3 検出工程 指摘事項(不具合等)を検出した工程を定義します。
4 分類 指摘を識別するための分類項目を定義します。
5 カスタムフィールド ユーザーが指摘の属性を任意に定義します。

 

設定方法

ステータス

レビューで管理する指摘のステータスを選択します。

  1. [ファイル]メニュー - [レビューの設定]をクリックし、[レビュー設定]ダイアログを表示します。
  2. [フィールド]タブを選択します。
  3. 指摘のステータスの構成を選択します。

原因工程・検出工程・分類

指摘に設定する原因工程、検出工程、分類情報を定義します。

  1. [ファイル]メニュー - [レビューの設定]をクリックし、[レビュー設定]ダイアログを表示します。
  2. [フィールド]タブを選択します。
  3. 原因工程などの[設定]ボタンをクリックし、選択肢をテキストボックスに入力して定義します。一行ごとに入力した文字列が選択肢になります。
    115004756487_01.png

カスタムフィールド

システムで定義している項目以外に指摘の属性として設定する項目がある場合は、カスタムフィールドを定義します。

  1. [ファイル]メニュー - [レビューの設定]をクリックし、[レビュー設定]ダイアログを表示します。
  2. [カスタムフィールド]タブを選択します。
  3. 利用するカスタムフィールドの[表示]をチェックし、フィールド名を任意で入力します。
  4. [設定]ボタンをクリックし、選択肢をテキストボックスに入力して定義します。一行ごとに入力した文字列が、選択肢になります。
    115004756487_02.png

  5. 選択肢を入力後に[完了]ボタンをクリックします。

ワンポイント

定義した選択肢を選択状態にしておくと、追加する指摘の属性のデフォルト値に指定でき、指摘追加時の入力を手間を省けます。下記の画像例では、追加する指摘の原因工程・検出工程のデフォルト値は「外部仕様」という値になります。

 defaultvalue.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています