LightningReview-ReviewFile (レビューファイルの読み込みライブラリ)

はじめに

本ライブラリは、Lightning Reviewのレビューファイルを読み込むためのライブラリです。

通常であれば、Lightning  Review アプリケーションを起動してレビューファイルを参照する必要がありますが、本ライブラリを使うことでアプリケーションの起動は不要になり、ユーザー様独自のプログラムや環境から読み込むことができます。

これにより、大量のレビューファイルから情報を一括で取得したり、分析したいという場合にご利用いただくことができます。

本ライブラリは、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開しています。

 

ライブラリを使ってできること

従来はレビューファイルの情報を Lightning Reveiwのプログラムが分析していましたが、プログラムを介さずにレビューファイルから直接データを取得できるため、以下を実現できます。

  • プログラムでは対応していない独自の観点で分析する。
    • レビューエクスプローラで一覧化できない項目(工程、カスタムフィールド など)
    • ピボット分析でも集計できない項目(実績成果量を元にした指摘密度 など)
  •  定期的(月/週単位)で組織単位のレビューデータを自動で集計/分析する。
    • 集計結果を残すことで、レビュー品質の状況の変化がわかります。
  • レビューエクスプローラを設定せず、『ボタン一つ』で全プロジェクト/全組織のレビューファイルを集計する。

「Lightning Review では出力しない観点で分析したい」とお悩みのユーザ様、まずは一度試して頂いてはいかがでしょうか?

ポイント

  • 処理が非常に速い。
    1000ファイルのレビューファイルの読み込みが数秒で処理可能です。

  • 手軽に呼び出せる。
    プログラムからだけでなく、コマンドラインからも読み出し可能です。
    取得したデータをJSON形式で出力できますので、例えば、『出力したJSONファイルをExcelに読み込む』ことで、今までのLightning Review では見れなかった情報(指摘密度など)を見ることができます。

詳細説明

動作環境や処理の詳細は、以下のページをご参照ください。
 <https://github.com/denso-create/LightningReview-ReviewFile/>

 

ライブラリの入手方法

本ライブラリは、GitHubで公開しています。

以下のページより取得し、ご自由にご利用ください。

 <https://github.com/denso-create/LightningReview-ReviewFile/>

 

ライブラリに関する注意事項

  • 本ライブラリは、随時更新しております。
    予告なく変更することがございますので、あらかじめご了承ください。
    更新状況については、GitHubにてご確認ください。
  • 本ライブラリは、オープンソースソフトウェア(OSS)となります。
    そのため、ライブラリを使用した結果は、利用者様にて保証してください。
    (同様の理由からツールに関する内容はサポート対象外になること、ご理解いただけますようお願い致します。)
  • 本ライブラリについてのご要望や想定外の動きがありましたら、遠慮なくサポートチームまでご連絡ください。可能な範囲でご回答・ご助言させていただきます。
    (内容によってはご回答できかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。)

 

【活用例】コマンドラインプログラムを実行してレビューファイルのデータをExcelで表示する

本ライブラリの具体的な利用例を動画を使ってご紹介します。
ここでは、以下の Step で実施しています。

 Step1:コマンドラインプログラムを実行してレビューファイルのデータを出力する。
 Step2:出力したレビューファイルのデータをExcel上に表形式で表示する。

Step1:コマンドラインプログラムを実行してレビューファイルのデータを出力する。

フォルダ内に複数格納されているレビューファイルに登録された指摘データを、JSON形式で出力します。

下の動画では、Windows のコマンドプロンプトにてLightning Reviewのファイルが格納されたフォルダを指定して実行することで、output.jsonというファイルを出力しています。

output.gif

Step2:出力したレビューファイルのデータをExcel上に表形式で表示する。

JSON形式のデータは、Excelの機能を利用して表形式に変換できます。

下の動画では、Step1 にて取得したJSON形式のデータ(output.json)を、Excelで表に変換しています。
Lightning Review ファイルが保持している生のデータを一覧にできるため、その後はお好みの形に合わせて分析することができます。

data_transform.gif

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています