Lightning Review 1.5.6について

概要

Lightning Review 1.5.6では、オフライン環境で登録したライセンスが解除されてしまう場合がある不具合を修正しました。

今回のバージョンアップでは、レビューファイルのフォーマットに変更はありません。
異なる言語のLightning Reviewでも、ファイルフォーマットは変わりませんので、安心してお使いいただけます。
また、既にライセンスをご登録いただいている方、評価版としてご利用いただいている方は、そのまま継続してご利用いただけます。

問題の修正 

オフライン環境で登録したライセンスが解除されてしまう場合がある

オフライン環境でライセンスを登録しご利用中の際、ご利用環境によってはLightning Reviewの起動時にライセンスが解除されてしまう場合があり、解除されるたびにライセンスの登録が必要になってしまっていました。
今回この問題を解消し、起動時にライセンスが解除されることなくオフラインの環境でも継続してお使いいただけるようになりました。
オフライン環境でライセンスを登録する方法については[こちら]をご参照ください。

既知の不具合

本バージョンでは以下の問題があります。前バージョンから継続して発生いたします。

  •  マルチディスプレイで、各ディスプレイに異なるDPIを適用している場合、キャプチャ時の背景画面がずれます。
  •  DPIを変更しても、ウィンドウのタイトルバーの大きさが変わりません。
  •  ファイルを開いた直後0.5秒以内にウィンドウをドラッグすると、操作を受け付けなくなる場合があります。 本問題が発生した場合は、Windowsキーを押下していただくことで、解消できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています