Lightning Review 1.5.3について

概要

Lightning Review 1.5.3では、多言語対応とユーザー様からのご要望に応えた機能追加を行いました。
既にライセンスをご登録いただいている方、評価版としてご利用いただいている方は、そのまま継続してご利用いただけます。
ここでは、Lightning Review 1.5.3の新機能と改善点をご紹介します。

機能追加 

多言語対応

表示言語を日本語、英語の2か国語から選択できるようになりました。
新規インストール時に言語を選択できます。
インストール後は、以下の手順にて表示言語を変更することができます。

  1. Lightning Reviewを常駐モードで利用している場合、常駐モードを解除します。
    ※常駐モードはタスクトレイのコンテキストメニューより切り替えることができます。
    2018-03-01_10h53_28.png
  2.  [ツール] - [言語]メニューからオプションダイアログを起動し、表示言語を選択します。
    2018-03-01_10h48_06.png
  3. アプリケーションを再起動します。

カスタムフィールドで任意の値が設定可能に

指摘の属性を任意に定義できるカスタムフィールドに、任意の値が設定できるようになりました。
あらかじめ定義した選択肢だけでなく数値や日付などを自由に入力できるため、管理や分析に幅が広がります。
360000416948_2.png
[レビュー設定]で選択肢を定義せずに[表示]をチェックすることで任意の文字列が入力可能になります。

レビューエクスプローラのグリッドにフィルタ機能を追加

複数のレビュー状況を一覧表示できる「レビューエクスプローラ」のグリッドにて、表示するレビューを絞り込むことができるようになりました。
未実施のレビューだけ表示するなど、よりレビューの状況を把握しやすくなりました。

360000416948.png
[スタータス]が「実施中」のレビューのみ表示
 

問題の修正

以下の問題を修正しました。

  • 指摘件数の多いレビューファイルをPDFレポート機能でファイル出力できない場合がある。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています